浮気・不倫の慰謝料請求と離婚が専門、岐阜市の行政書士TOMO法務事務所【全国対応】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-318-642

  • お問い合わせ

トップ > スタッフブログ > 日付を忘れる人が多い

日付を忘れる人が多い

2015/02/18

カテゴリースタッフブログ

最近は、浮気をした夫(妻)や、その相手方と話しをしたときに「一筆書いてもらった」という方も多いのですが、肝心な部分が抜けているケースが多く見られます。

 

手帳の端くれでも良いですが、一筆書いてもらう際には、慰謝料や養育費の支払いなど、条件以外に、「日付」「氏名」「住所」を書いてもらい「押印」してもらうのが望ましいと思います。

 

条件については意外と詳しく書いてあることが多いのですが、「日付」が抜けているケースがちらほらあります。

 

日付が抜けているからといって、即座に全く無意味なものになるわけではないですが、日付も大切な要素です。

 

また、慰謝料の支払いなど金銭の支払いがある場合は「いつまでに支払う」ということも具体的に明記(これも書いていないことがある)しておく必要があります。

 

ご参考までに・・・。