浮気・不倫の慰謝料請求と離婚が専門、岐阜市の行政書士TOMO法務事務所【全国対応】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-318-642

  • お問い合わせ

トップ > スタッフブログ > 憧れのマイホームが・・・

憧れのマイホームが・・・

2015/02/20

カテゴリースタッフブログ

やっと手に入れた憧れのマイホームが、離婚する際には、厄介な存在になることがあります。

 

オーバーローン(土地建物の価格よりローンが上回っている)の場合です。

 

つまり、たとえ土地建物(以下「家」といいます)を売却したとしてもローンが残ってしまうというケースです。

 

実際にこういったケースでは①「離婚する夫婦の一方が、家もローンも引き継ぐ。」というケースが多いと思います。

 

 

もちろん、②「家を売却して、マイナス分を離婚する夫婦の両方もしくは一方が負担する」という方法もあります。

 

 

中には、③「離婚後は家を妻が所有(妻と子が住む)し、ローンは夫が支払う。」というラッキー?な奥様もいらっしゃいます。

 

 

しかし、③の場合でも注意しなければならないことがあります。

 

まず1つ目は、「家の名義(登記)が変更できるか?」という点です

 

もしも、元夫の名義のままだと、元夫が家を売却したり他人に賃貸するなどできてしまいます。売られてしまったら、元妻と子供は家を出ていかざるを得ません。

しかし、住宅ローンの契約書には「金融機関の承諾なしに勝手に名義を変更した場合は、ローンを一括請求する」といった内容の条項が入っているのが一般的です。

 

そして、金融機関は中々名義変更の承諾をしてくれません。

 

もうひとつは、金融機関で住宅ローンを組むと、家(土地建物)には抵当権というものが設定されます。抵当権が設定されているとローンの支払いが滞った場合、家を差し押さえられて競売にかけられ、その落札金がローンの支払いに充てられます。

 

抵当権は、名義を変更してもそのまま付いてきます。つまり、元夫がローンの支払いをしないと、家の名義が妻であっても、差押え・競売にかけられてしまうということです。

 

 

離婚する際にオーバーローンの家がある場合等は、専門家に相談することをおすすめします。