浮気・不倫の慰謝料請求と離婚が専門、岐阜市の行政書士TOMO法務事務所【全国対応】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-318-642

  • お問い合わせ

トップ > スタッフブログ > そういうのを「認めていない」と言うんです!

そういうのを「認めていない」と言うんです!

2017/02/15

カテゴリースタッフブログ

既に配偶者や相手方と接触して失敗してしまってから弊所(行政書士TOMO法務事務所)にお問合せを頂く方が後を絶ちません。

 

「交渉が決裂したので何とかして欲しい」というのです。

 

私は、「問い詰めてしまった」「話し合いをしてしまった」という方からの問い合わせに対しては、

 

野田:「相手(配偶者や不貞行為の相手方)は認めていますか?」

 

と必ず聞く様にしています。

 

すると多くの相談者さんは

 

相談者さん:「認めています。」

 

とおっしゃいます。

 

何っ?認めているのに、話し合いがまとまっていない??何故に???

 

実に不思議だと思って聞き直すと

 

野田:「身体の関係を認めているってことですよね!?」

 

相談者さん:「いいえ、身体の関係は認めないんです。」

 

野田:「(・・;)」

 

じゃあ、いったい何を認めたと言うのでしょう?

 

いわく、「会っていたこと」とか「家に行ったこと」などです。

 

中には、「ラブホには行ったけどやってない」っていうのもありました。

 

野田:「そういうのを認めていないって言うんです!」

 

今度からは「SEXをしたことは認めていますか?」とでも聞きましょうかぁ(笑)

 

ちなみに、不貞行為は

 

「配偶者の有るものが、自由の意思のもと、配偶者以外の異性と性的関係をもつこと。」

 

です。

 

つまり「身体の関係があったことを認めていない」ということは「不貞行為はしていない」と言っている、すなわち「認めていない」ということなのです。

 

不貞行為(不法行為や法定離婚原因にあたる)がなければ、裁判をしたところで、慰謝料の獲得や離婚は望めません。

 

①こういった相談者さんたちのダメダメな共通点は

 

「証拠がない」まま問い詰めていることです。

 

・証拠が無い→認めない確率大

 

・証拠がある→認めざるを得ない

 

 

「証拠がない」まま問い詰めて、認めなかったら

 

ほぼ「泣き寝入り確定」です。

 

何故なら

 

・証拠がある→認めなかったら訴訟(裁判)をすればいい

 

・証拠が無い→認めなくても訴訟(裁判)による解決は無理、つまり泣き寝入り。

 

・これから証拠をとることは?→問い詰めた後はしばらく会わなくなる(別れて二度と会わないことも)不倫カップルが多い。会わなければ証拠をおさえるのは不可能。

 

③もしも「問い詰める前」だったら

 

・証拠がある→認めなかったら訴訟(裁判)をすればいいので、示談をすすめてOK。

 

・証拠が無い→証拠を押さえてから、行動(話し合いを)すればいい。

 

と言うことなのです。

 

また、一度話し合いに失敗した(性的関係があったことを認めていない。認めてはいるが慰謝料を支払う意思がない)ケースは、仮に証拠がある場合でも、既に示談での解決は困難ですので訴訟による解決が必要(弁護士に依頼)です。

 

だって、慰謝料を支払うちもりとか無いから認めないんですもん。

 

ですから

 

④既に問い詰めてしまった場合

 

・身体の関係を認めていて、要求に応じる姿勢→即刻書類にサインさせましょう!弊所にご依頼ください!!

 

・認めなかったがまだ不倫関係が継続中→弊所調査部門、探偵法務’sにご相談ください!

 

・身体の関係を認めず、証拠も無く、不倫関係も終わっている→弊所には絶対相談しないで下さい(笑)

 

ご参考までに・・・。