浮気・不倫の慰謝料請求と離婚が専門、岐阜市の行政書士TOMO法務事務所【全国対応】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-318-642

  • お問い合わせ

浮気・不倫の慰謝料請求と離婚が専門、岐阜市の行政書士TOMO法務事務所【全国対応】

 

 

 

夫(妻)の浮気・不倫で、慰謝料請求・離婚をお考えの方へ

浮気・不倫・離婚専門の法務事務所だから経験豊富な行政書士が適正価格で迅速にご納得のいく解決をご提供します!

 

浮気・不倫の慰謝料請求、離婚のことは、岐阜市の行政書士TOMO法務事務所にお任せください。(全国対応)

また、浮気・不倫の慰謝料請求、離婚の際、証拠が足りなければ、必要に応じて浮気調査も行います(調査部門:SPY探偵事務所)。岐阜市の行政書士TOMO法務事務所は、浮気調査のご相談から、証拠の収集、慰謝料請求、離婚に至るまで1人の担当者が一貫して行いますので、他より質が高く、きめ細かなサービスを迅速に提供することが出来ます。

また、行政書士TOMO法務事務所は低価格で、浮気・不倫(不

                 貞行為)の慰謝料請求・離婚に関しては、岐阜県で最も強い行

                 政書士事務所です。

                 ご相談・お見積は無料です。どうぞお気軽にご相談下さい。

                 ※加害者(不貞行為をした)側の相談はお受け致しません。

 

浮気の証拠が必要な方はこちら → 「SPY探偵事務所」  

 

独自のノウハウで浮気・不倫の慰謝料請求・協議離婚を成功に導く

浮気・不倫の慰謝料請求・離婚を専門にしているから出来る事

 行政書士TOMO法務事務所の、浮気・不倫の慰謝料請求、協議離婚(夫婦間の話し合いによる離婚)の成功率は90%以上です。

 浮気・不倫の慰謝料請求で一般的な方法に「内容証明を送る」と言う方法がありますが、最近は、内容証明を送ったくらいでは、そう簡単に、慰謝料を支払ってもらえません。(浮気・不倫の事実を認めません。)

 現に、ある行政書士は「最近は、内容証明送ってもほとんど支払ってもらえない。」と嘆いていました。

 内容証明を送って法律を振りかざせば、びっくりして慰謝料を支払ってもらえる時代は終わったのです。

 では何故、弊所に依頼されたお客様の実に90%以上が成功しているのでしょうか。

 それは、法律を振りかざすだけではうまくいかないことを知っているからです。

 そして、「いかにしてこちらにとって有利な状況」を作り出して慰謝料請求・協議離婚を実現するかというテクニックやノウハウを熟知しているからなのです。

 浮気・不倫の慰謝料請求・離婚については、専門家であり、2,000件以上の案件を手掛けてきた行政書士TOMO法務事務所にご相談ください。

 

行政書士TOMO法務事務所のサポートが、慰謝料請求・離婚協議を成功へと導く

 行政書士TOMO法務事務所は、浮気・不倫の慰謝料請求の示談や離婚協議において、他の行政書士や弁護士が行っていない、極めて成功率が高い独自の方法を推奨しています。

 それは、浮気・不倫の慰謝料請求の示談や離婚協議の場に、通知書(内容証明の書式で作成)を持参して、読んでもらうという方法です。

  ※離婚協議:夫婦間で行う離婚の話し合い

  ※通知書:こちらの主張を相手方に伝えるための書面。一般的には内容証明で郵送する。

 例えば、夫(妻)の浮気相手に浮気・不倫(不貞行為)の慰謝料請求をする場合、内容証明を送って返事を待つというのが一般的な方法の1つです。

 仮に、内容証明を送るのではなく、相手方と会って話(示談)をするとしても、一般的な事務所に書類の作成を依頼すると、作成してくれるのは和解合意書(示談書)だけです。

 また、離婚協議(離婚の話し合い)の場合は離婚協議書だけ作成してくれます。

行政書士TOMO法務事務所が、他の事務所と違うのは、上記書類に加え、持参用の通知書(内容証明形式)も作成するというところです。

 そして、何の予告もなく、突然、相手方のところに会いに行き、示談や離婚協議を開催、口頭で伝える代わりに、その場で通知書を読んでもらう方法を推奨しています。

 何故わざわざ会って話すのに書面(通知書)を持参して読んでもらうのか?

 1つは、口頭で伝えるよりも分かりやすい、という効果があります。

 また、あまりしゃべらなくて済むというメリットもあります。

 そして、何よりも、通知書は専門家が作成したと一目で分かる内容ですから、お客様が口頭で伝えるより、これを読んでもらうほうが、相手が怖い感とじる(プレッシャーを感じる)からです。

 また、突然、示談や離婚協議を開催する具体的な方法(待ち伏せ等)や、反論された場合の対処法などについても、きめ細かにアドバイスさせて頂きいております。

 この独自の方法により、行政書士TOMO法務事務所に依頼されたお客様の90%以上が成功しています。

 

不貞行為(浮気)の証拠を撮るお手伝いもさせて頂きます

 浮気・不倫(不貞行為)を証明する確たる証拠はありますか?

 相手がすんなりこちらの要求に応じれば証拠は要りません。

 しかし、相手方が慰謝料の支払い、離婚などの要求を拒否した場合、それを実現するための最終手段は裁判しかありません。しかし、証拠がなければ、裁判には勝てません(裁判ができません)。

 なぜなら、裁判には証明責任と言って、訴える側が、事実を証明しなければならないというルールがあるからです。

 尚、相手方の氏名や住所が分からなくても訴状を送れないので裁判をすることができません。

 また、話し合い(示談や離婚協議)が失敗に終わった後に、証拠を撮るのは困難です。

ですから、何かアクションを起こす前に、予め十分な証拠や情報を確保しておかなければなりません。

 ところが、一般的な事務所に相談した場合、証拠が不十分だったり氏名や住所が分からないと「それらを準備してから相談して下さい」と言われてしまい出直しになってしまいます。

 しかし、行政書士TOMO法務事務所は、岐阜県で浮気調査に一番強い調査部門(SPY探偵事務所)を運営しており、証拠や情報が足りなければ、浮気調査を行うことや、相手方の氏名や住所を調べることも可能です。

 もちろん、探偵社が撮ったものだけが証拠ではありませんので、浮気調査の専門家でもある私が専門家の目線で、現在の証拠で十分なのか否か、あるいは、お客様ご自身でも集められる情報や証拠の収集方法、どんなものが証拠になるのかなど、浮気・不倫(不貞行為)の証拠について的確にアドバイスをさせて頂きます。

 これらは、一般的な事務所には絶対に真似できません。

 

浮気の証拠が必要な方はこちら → 「SPY探偵事務所」  

 

 

お客様に選ばれる5つの理由

 

慰謝料請求・離婚の専門家から「ちょっぴりくだけたご挨拶」

 

行政書士TOMO法務事務所のホームページをご覧頂き、ありがとうございます。

 

代表の野田知宏です。

 

「話しやすい」「分かりやすい」を心がけています。

 

「行政書士」というと、どうしても堅苦しい感じや敷居が高そうな感じがしがちですが、弊所は「話しやすい」「分かりやすい」そして「敷居の低い」法務事務所です。

もしかして、お値段的に敷居が低いのかもしれませんが・・・(笑)

 

重苦しい雰囲気にならない様に努めています。

 

また、浮気や不倫、慰謝料請求・離婚の相談となると、どうしても重い話になりがちです。

しかし、重い雰囲気の中ではお客様はきっと相談しにくいと思います。

そこで、私はちょっとしたユーモアを交えるなどして、なるべく重苦

い雰囲気にならない様、心がけて対応させて頂いております。

ですから、相談者様や依頼者様は、肩の力を抜いてリラックスしてご相

談頂けると思います。

まぁ、ユーモアのセンスも人並み以上ではないかと自負しておりますが、

たまにくだらないおやじギャグも発しますので、そういうときは聞き流

してやって下さい(笑)

 

フットワークの軽さと柔軟な対応には自信があります

 

「今日中に必要」など、急ぎの業務も出来る限り対応するように心がけています。

 

あくまで、出来る限りですが記憶ではほとんど無理と言ったことは無いと思います!

 

これからも行政書士TOMO法務事務所は、良い意味で「一番敷居の低い

法務事務所」を目指して、皆様のお役に立てる様、頑張ります。

 

もちろん、相談・見積は無料ですのでどうぞ、お気軽にご相談下さい。

 

※加害者(不貞行為をした)側からの相談は一切お受け致しません。

 

 

事務所案内

 

 

お気軽にご相談ください

 

依頼者様専用

※パスワード認証があります。